【エアコンが効かない】MH34SワゴンRのラジエーターファンモーター交換!

【エアコンが効かない】MH34SワゴンRのラジエーターファンモーター交換! スズキ
スポンサーリンク

7月も後半になり今年の夏も本格的な暑さとなってきました。

ここ数年、酷暑と呼ぶにふさわしい暑さで自動車のエアコンにも負担がかかっています。

うどん整備士自身も日々エアコン修理に追われております。

今回はエアコン修理の中からMH34SワゴンRのラジエーターファンモーター交換について解説します。

スポンサーリンク

お客様来店理由

エアコンが効かなくなり、しばらく走っていると水温警告灯が点いてしまった。

と言うMH34SワゴンRにお乗りのお客様より連絡を頂き積載車で引き取りにいきました。

エンジンがオーバーヒートする前に呼んで頂けたので幸いでした。

車両情報

  • 車名 スズキ ワゴンR
  • 型式 DBA-MH34S
  • 初年度 平成26年9月登録車

点検内容

ワゴンRはコンデンサーとラジエーターのファンが共用です。

ですのでラジエーターファンが回らなければエアコンが効かず水温も上がりオーバーヒートしてしまいます。

そこでエンジンをかけ、エアコンをつけて見ると、ラジエーターファンが回りません。

ファンモーターのカプラーを外し電気が来ているか点検してみます。

【エアコンが効かない】MH34SワゴンRのラジエーターファンモーター交換!

電圧は13V来ているのでファンモーターの故障で間違いないようです。

修理内容

今回の修理はラジエーターファンモーターを交換します。

純正部品のファンモーターが対策品での支給となりシュラウド、ブレード、モーターすべてセットで交換となります。

交換手順

それでは交換と行きましょう。

この年代のスズキ車は車両下部よりラジエーターファンを引き抜いた方が早いです。

なのでアンダーカバーとバンパーを取り外しておきます。

リザーブタンクが邪魔なので取り外しておきます。

ファンモーターカプラーを外し。

ラジエーターを結束バンドで動かないようにしておきます。

これをしておかないとラジエーターが宙ぶらりんになってしまいます。

リフトサポーターかミッションジャッキなどで、ラジエーターロアサポートを支えつつ取り外します。

ラジエーターを縛ってないと落下しますので注意が必要です。

ここまでくればラジエーターファンが外せます。

この方法ならクーラントを抜くことなくラジエーターファンを交換できます。

対策品はモーター、シュラウド、ブレードすべての形状が変更されていますので、モーター単品の部品供給が今のところありませんでした。

こちらが旧モーター

あとは対策品を組付けて完了です。

水温は安定しエアコンも快調です。

こっちが対策品

スズキ車には電動ファンモーターは壊れやすい?

平成23年~27年に製造されたスズキの軽自動車にはラジエーターファンの保証延長されていた車種があります。

  • ワゴンR 
    • MH34S
    • MH44S
  • アルト
    • HA35S
  • MRワゴン
    • MF33S
  • スペーシア
    • MK32S

上記の車種の一部は電動ファンに新車登録から7年間走行距離10万キロの保証延長があり、故障しやすいと思われます。

残り期間わずかですが、保証延長が受けられる場合もありますので一度スズキの保証延長のページをチェックしてみてはいかがでしょうか?

保証延長の公式は↓のリンク

コメント

  1. ゆのみ より:

    お邪魔します。検索かけたらこちらがヒットしたので閲覧させていただきました。
    当方、MH34スティングレーでこの春9年目の車検を通したばかり。
    8月に入りエアコンの効きが弱くガス不足も疑いましたがファンモーターが止まっていることが多いため保証延長を確認しDへ持ち込み。動作確認して後日改めて正確な状況確認のため整備予約をしたのですが、延長保証については無償での交換は厳しいと言われました。
    「初登録から7年、ただし10万㌔未満」が条件のようですがやはり有償になるのでしょうか?
    そうであるならどれくらいの出費になるのか参考までに教えていただければ幸いです

    • ブログを見て頂きありがとうございます。
      ファンモーターの保証延長は新車登録から7年かつ10万キロ以内ですね。
      それを超えると無償修理は受けられないのです。
      作業方法の違いなどにより店舗ごとに費用の差が有ると思いますが私の勤めている会社では電動ファン交換は3万円程頂いております。
      電動ファンが全く動作しない状態になるとコンプレッサーやコンデンサーなどが高温になりダメージを受け、電動ファン交換後にコンプレッサーブローなどが起きることがあるのでガスの圧力も見てもらうのが良いと思います。