【エアコン修理】レガシーエアコンコンプレッサー交換!

レガシーコンプレッサー交換 スバル
スポンサーリンク

こんにちは。うどん整備士です。

今年四国は早くから梅雨入りし、蒸し暑くなる日も増えてきました。

車のエアコンの不調に気が付く方も増えてきます。

今回はレガシーのコンプレッサー交換について解説します。

スポンサーリンク

車両情報

  • 車名 スバル レガシィツーリングワゴンGT-B
  • 型式 TA-BH5
  • 初年度 平成13年6月登録

入庫理由

お客様から来店時に伺った情報は...

  • 走行中、エアコンが突然効かなくなった。
  • それまでは、キンキンに冷えていた。
  • 効かなくなった後シューっと言う音が聞こえた。

  と言ったことが分かりました。

以上を踏まえて点検して行きたいと思います。

点検内容

まず、エンジンをかけエアコンを作動させます。

するとコンプレッサーが作動しません。

そこでマニホールドゲージをつなぐとガスが全く入っていないことが分かりました。

ガスを少し入れて見ると高圧ホースからガス漏れしていることが分かりました。

レガシーコンプレッサー交換

スバルの車は高圧ホースからよくガス漏れしますね。

コンプレッサーの継ぎ目からエアコンオイルもにじみ出ています。

この二点を交換することにします。

修理内容

交換部品
  • リビルトコンプレッサー
  • 高圧ホース
  • エアコンガス400g
  • コンプレッサーオイル

交換手順

パッと見素直にコンプレッサーが外れそうに見えますね。

レガシーコンプレッサー交換

ところがどっこいそう簡単にはいきません。

コンプレッサーを固定してあるボルトは長くどうあがいても抜けそうもないのでオルタネーターとコンプレッサーの土台と一緒に外します。

先ずはオルタネーターを外すために、バッテリーのマイナスを外し、ベルトとテンショナーを取り外します。

低圧、高圧ホースを取り外し土台のボルトを外していきます。

レガシーコンプレッサー交換
レガシーコンプレッサー交換
レガシーコンプレッサー交換

この奥の方のボルトは取り外しにくい…。

レガシーコンプレッサー交換

土台事コンプレッサーを取り出しリビルトと付け替えます。

レガシーコンプレッサー交換

元のコンプレッサーはオイルが滲んでます。

レガシーコンプレッサー交換

早く治して欲しいそうなので高圧パイプは電装屋さんにホースをカシメで作成してもらいました。

後は組付けて真空引きの後ガスチャージ。

レガシーコンプレッサー交換

エアコンはガンガンに効くようになりました。

役に立つ工具

エアコン修理にはマニホールドゲージと真空ポンプが必須です。

最近ではマニホールドゲージ真空ポンプセットで安くなってきてますね。

しかしフロン回収装置とボンベは相変わらず中々の値段です💦

回収装置は必須です!

フロンは大気開放ダメ絶対

コメント